October 06, 2004

スライドギャラリー

タカさん制作のスライド機能付き画像ビューワ「Pholiot」をいじってみた。

Period Three /2DCG gallery

結構設定とか簡単で、画像ファイルの指定とか複数ギャラリーの設定、キャプション、画像サイズ、表示方法(スライド、サムネイル、画像ごと表示)等も自由度があるので、かなりいい感じ。
仕組はスライドショー等各種表示を行うFlashプログラムと、使用する画像ファイルやキャプション、表示オプションの指定等を行うXMLファイル、Flashを呼び出すJavaScriptの3つからなる。

これは先のCoppermine Photo Gallery(CPG)と比べるとだいぶ軽量で扱いやすい。
ビューワー部分のデザインはいじれないが、基本的にシンプルでおしゃれで、センスいい^^v
元々はPhotoBloxというツールを自分の所でも使いたいということからスタートしたそうだけど、元のPhotoBloxが結構重い(らしい)のに対して動作は軽い(僕のギャラリーの画像は重たいのが多いのとビューワのサイズを多分当初の想定−180x260とか−よりかなり大きくしているせいか、CPU使用率はトランジションの時に90%位になる..)。
ただPhotobloxがJPEG、GIF、PNG、SWF、更にサウンドトラックにMP3が扱えるのに対し、PholiotはJPEGのみ対応というのが寂しい。

でも簡単にスライドショー付きギャラリーを作りたい人にはお薦めのツールですな^^v


あと多分バグなのか、個別の画像の左下の「Open "file name"」というボタンでオリジナル画像がポップアップする仕様なんだけど、今の設定だと画像を違うところに呼びに行っているみたい。XMLファイルの方にはちゃんとしたURLを書き込んであるんだけどなぁ...

..とまあ、いろいろツールを調べているところだけど、ほんとキリがない位いろいろある。
あとはblogをそのままギャラリーにする、いわゆるフォトログの手法でどんなのがあるか、調べてみる予定。

今まで集めてきた方法を一応まとめておくと;
1)PHPでサムネイルを作るだけのツール:簡単
2)PHPによる画像掲示板の利用:外観のカスタマイズ必要
3)Flash+XMLによるツール:XML記述の労、外観固定
4)blogによるフォトログ:これから調査
Posted by roku at 08:24 AM | from category: topics html/css/cgi/php等
Comments
No comments yet
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
Trackbacks
Trackback URL