October 19, 2009

シュレッダーゴミをリサイクル!

 TBS「夢の扉〜NEXT DOOR〜」で、これまでは再生紙にリサイクルされてこなかったシュレッダーゴミをなんとその場で30分以内にトイレットペーパーにしてしまう機械を作った群馬の会社を紹介していました。(^o^)
■TBS「夢の扉〜NEXT DOOR〜」/放送内容 大切な資源を無駄にしないようリサイクルしたい
■シュレッダーゴミを水でトイレットペーパーに生まれ変わらせる!【合資会社オリエンタル】
■開発中断を乗り越え実現した 裁断ゴミをすぐトイレットペーパーにする機械 オリエンタルの「ホワイトゴート」(1) | ひと・話題 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
■素人だからできた常識外の発想で 製紙工程の簡略化を徹底 オリエンタルの「ホワイトゴート」(2)| ひと・話題 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
■切れない紙を見て「人生で一番うれしい」 “驚異の機械”はいつか家庭へ オリエンタルの「ホワイトゴート」(3)| ひと・話題 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
 オリエンタルはシュレッダーを日本で初めて開発した会社とのこと。しかしシュレッダーゴミは細かく裁断されていることから、残念ながら再生紙へのリサイクルが出来ないとされてきました。それをやってみようと始めたのが15年前。途中何回か中断を経て、5年前から改めて仕切りなおし、産学協同のプロジェクトで開発にこぎつけたとのこと。発想と粘り強さが素敵です。
 「素人でなければできないだろう」という意見を製紙会社の人から言われていたというのが面白いですね。『プロ』だと求めるものが違ってくるというのはあるでしょうけど、素人なら業界の常識とか制約に縛られない強みもあるということですね。
 しかしこれ、A4版コピー用紙40枚ほどから一本のトイレットペーパーが30分で出来、1日に48個は作れるというからすごいです。技術屋としての感覚がいいです。
 まだ価格が高いですが、段々広まっていけばいいですね(^-^)v

Posted by roku at 12:30 AM | from category: topics 生活/商品
Comments
No comments yet
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
Trackbacks
Trackback URL