October 07, 2008

映画「デトロイト・メタル・シティ」

 前に「クラシックファンとヘビメタファンは似ている」という記事でちょっと触れた「DMC|デトロイト・メタル・シティ」の映画を先日観ました。笑えました〜(^o^)v
■DMC|デトロイト・メタル・シティ
■デトロイト・メタル・シティ : 映画情報 - 映画のことならeiga.com
■映画 デトロイト・メタル・シティ - allcinema
デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一
出演: 松山ケンイチ, 加藤ローサ 監督: 松江哲明
東宝
¥ 1,995 (税込)
1

on 2008-10-07 00:45:40


 本当はオシャレなポップミュージシャンを目指していたのにその方面の実力では後輩に追い抜かれ、何故か悪魔系デスメタルバンドDMCのカリスマ・ヴォーカルとして才能を発揮し、大人気を博してしまう心優しき青年・根岸崇一−彼の悩ましきジレンマが最高に可笑しいです。そのポップな歌のいかにもなハズし方とDMCヨハネ・クラウザーII世としての堂々たる悪魔っぷりとのギャップがたまりません。
 原作マンガは読んでいないのですが、原作のギャグが割りと忠実に取り入れられているそうで、特に遊園地のトイレで後輩の人気ポップ歌手をクラウザーさんの扮装で励ますシーンはなかなか。田舎の実家でDMCにはまって道を踏み外しかけていた弟をクラウザーさんが正しく(?)導くシーンも笑えました(^-^;)
 相当に天然な加藤ローザの相川さんはかわいかったのですが、インパクトの強烈さでは根岸君も食っていた松雪泰子のデスレコーズ社長がなんといっても圧巻でした。怖い...でもデスメタルへの愛が深い!(-o-;) ヘナチョコ根岸君の隠された才能を見抜いた天才であり、彼を奴隷にしようとする女王様でもある社長。とにかく最高でした(^▽^)
 久々にしっかりわらかしてもらいました(^-^)v

Posted by roku at 12:44 AM | from category: topics 映画/アニメーション等
Comments
No comments yet
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
Trackbacks
Trackback URL