September 05, 2006

「鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール」

 紹介されていたのを見て、ちょうど今、こういう本が必要な時期なのかもしれない...と思った。
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール (単行本)
野口 嘉則
総合法令出版
¥ 1,000 (税込み)
96

on 2006-09-05 00:41:51


 この頃、世の中には自分の考えているのとはまったく違った風に考える人がいることを、頭では理解しているつもりでも、心ではまったく理解していないなぁ、と痛感することがあった。自分では善意で、あるいは仕事上必要だから言っているつもりでも相手の基準からすれば意地悪としか受け取れない。向こうからすれば、こちらは文句ばかり言っていて一向に動こうとしない、不誠実で未熟な、とんでもない奴だと思われている。
 結局自分も相手もお互い様なのだと思うけど、こと仕事に関する限りそう簡単に引き下がるわけにもいかず厄介だ。
 「相手を理解する」というのは言うのは簡単だけど、それを相手に理解させつつ、自分のことも相手にわからせるのはやはり難しい。

 そのうち読んでみます。

Posted by roku at 12:33 AM | from category: 日記
Comments
No comments yet
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
Trackbacks
Trackback URL